2012年08月01日

ゲームポート版 Microsoft Sidewinder 3D Pro のUSB変換器作成

PCゲームデバイスの一世を風靡した Microsoft Sidewinder 3D Pro
いまどきのWindowsでは未サポートとなってしまったゲームポート接続のため、長年日の目を見ることがありませんでしたが、とうとう復活を遂げました!
海外のDescentファンの情熱とスキルに乾杯!
20120801_01.jpg

以下備忘録を兼ねた手順ですっ。



まずは材料


材料がそろったら、いよいよ作成開始!

  1. こんな感じでブレッドボードにジャンプワイヤと抵抗、コンデンサをくっつける。
    20120801_12.jpg
    抵抗やコンデンサの足はジャンプワイヤの足の長さで揃えてカットすればOKです。
    ジャンプワイヤの引き回しは上の写真のようにしないと、後でD-Sub端子やTeensyの端子が刺さらなくなるのでご注意をっ。

  2. Teensyを載せる。
    20120801_13.jpg
    上のブレッドボードの表示で言うと、e1〜e12、i1〜i12にTeensyをぶっ挿す。

  3. D-Subコネクタ基板を半田付けで作成。
    20120801_15.jpg

    20120801_16.jpg
    端から1番ピン〜15番ピンまで並ばないといけないのですが、サンハヤトの基板は並びが違うので配線し直しました。
    おそらく参考にならないので(汗)、分かりやすくまとめると次のようになります。
     使用ピン番号12347101314
    20120801_19.jpg
    上図の赤と緑の線が 半田でジャンパする位置です。分かりづらいっ。ここが最大の難易度でしょうっ。

  4. 半田付けが終わったら、ブレッドボードにD-Sub基板を実装っ。
    20120801_17.jpg
    上のぶれっどボードの表示で言うと、e16〜e30の位置ぶっ挿すっ!

  5. ハードウェア的には完成ですっ!
    20120801_18.jpg
    USBケーブルと、Sidewinder 3D Proを挿すっ。

  6. Teensy LoaderTeensyに書き込むプログラム本体(3DPro32u4.hex)をダウンロードする。
    そしてUSBケーブルをPCに接続っ。TeensyのLEDがピカピカ光るので、そのお隣のボタンを押すっ。
    20120801_20.jpg

  7. ウインドウズのコントロールパネルから、デバイスを確認!
    Windows7の場合、「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「デバイスとプリンター」
    20120801_21.jpg
    「未指定」のカテゴリに「USB入力デバイス」というのがあれば、Teensyが正しく認識されているのだっ。

  8. 次にTeensy Loaderを起動っ。
    20120801_22.jpg
    上のスクリーンショットだと既にプログラムを書き込んでいるTeensyがつながっているので表示が違いますが、一番下は「No file specified」と出るはず。

  9. Teensy Loader のメニュー「file」→「Open HEX File」をおもむろにクリック!
    20120801_23.jpg

  10. 続けざま「Operation」→「Program」を雄叫びを上げつつクリック!
    20120801_24.jpg

  11. 「Download Complete」と表示されたら無事書き込み完了っ。
    20120801_25.jpg

  12. 一旦USBケーブルを抜き、挿しなおすっ。
    「デバイスとプリンター」に「Microsoft Sidewinder 3D Pro (USB)」と表示されればOK!
    20120801_26.jpg
    形は違うけど、間違いなく Sidewinder 3D Pro ですっ。

  13. 早速ちゃんと動くか確認しようっ。
    「Microsoft Sidewinder 3D Pro (USB)」アイコンを右クリック「ゲームコントローラーの設定」クリック。
    20120801_27.jpg

  14. 「ゲームコントローラー」ウインドウが表示されるので、「Microsoft Sidewinder 3D Pro (USB)」を選択して「プロパティ」をクリック。
    20120801_28.jpg

  15. 思う存分テストしようっ!
    20120801_29.jpg
 
ちゅーワケで、Microsoft Sidewinder 3D Proが蘇りましたっ。
Arma II でヘリを飛ばしまくるも良し、Mechwarrior Online に備えるも良しっ!
アムロ!行きまーすっ!


グッジョブな参考サイト
MS Sidewinder 3D Pro USB Conversion - MechWarrior Online
DescentBB • View topic - USB Converter for MS Sidewinder 3DPro, PP, and FFP


ちなみに Microsoft SideWinder Force Feedback Pro の場合は、こちらのTeensyのプログラムを使うと良いみたいです。
参考サイト
DescentBB • View topic - Reverse Engineering the Force Feedback Pro

果たして国内にこの情報が必要な人が何人居るのだろうか?
アムロっ!行きまああああぁぁぁすっ!
posted by nama-cha at 17:14| Comment(11) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙です
Posted by at 2012年08月06日 07:04
参考になります!
Posted by at 2012年08月17日 08:32
GJです。ハイ、今、調べてました。

TeensyがPS3のリッピングに使われてたみたいで、怪しいゲーム周辺機器屋で販売されています。

Microsoft Sidewinder 3D Proは、スロットルレバーが短かすぎて、旅客機に向かなかったです。

Force Feedback Proのがスロットルレバーが回転式で旅客機向きでした。
冷却ファンがない後期型だけかもしれませんが、フォースが不適切でガクガクしたり突然切れたので、フォースを切って使っていました。

フォースが不要なら、こちらが簡単ですよ。
http://www.leobodnar.com/products/BU0836/

マニア向けの頑丈なフライトスティック
http://www.inter-craft.co.jp/shop/sho01ch.html
Posted by at 2012年11月10日 14:56
これって日本で・・・ですよね?
Posted by at 2013年07月04日 16:18
旅客機を操縦する際には Force Feedback Pro を秋葉原などで探しまくってみますっ。
ジョイスチック情報感謝ですっ。

日本で・・・という意味が良く分かりませんが、日本ですっ。
Posted by nama-cha[PANDA] at 2013年11月12日 00:54
参考にさせていただきます。正月休みに作るべく、材料を買い込みました。

ところで、折角ブレッドボードなんだからコネクタ変換基板のピン配列違いへの対応はジャンプワイヤで頑張れば……
Posted by nathan at 2014年01月02日 20:05
というわけで、おかげさまで出来上がりました。
まだFSXで遊んでみてはいませんが、コンパネでの動作確認では全部の動きとボタンが拾えています。

ありがとうございました。
Posted by nathan at 2014年01月04日 22:11
すばらしいですね。
前からサイドワインダーのUSB変換を調べていたのですが難しくて断念していました。自分も挑戦します。
Posted by zawa at 2014年02月22日 15:09
Microsoft SideWinder Force Feedback Pro持ってるんですが、もう使えないんで捨てようかと思ってたところです。息子がCFSで遊びたいようなのですがキーボードでは難しすぎて・・・自分にはハードル高いですが検討してみたいと思います。ありがとうございます!!
Posted by at 2014年08月10日 14:32
こちらの記事を参考に作ってみたのですけど
FFB-PROが認識しませんでした。
「USB入力デバイス」が出てきて、
teensy.exeで、「adaptffbjoy-r54.hex」や「3DPro32u4-10.hex」なんかを書き込んでUSB再接続しても
teensy2.0のLEDがチカチカするだけで何の反応もないです。
どこが悪そうなのか調べる方法ないでしょうか?
Posted by シマリス at 2015年12月18日 00:28
シマリスさんのように、私も試しましたが、3DProしか認識しませんでした。
なので、これをあきらめて、adapt-ffb-joy - HowToBuild.wikiのページに掲載されている方法で、USBアダプターを作製しました。
Win10x64、MSSWFFBで、動作します。CFS2を楽しんでおります。
ただし、コントロールパネルには、表示されませんが、デバイスとしては「LUFA Joystick wFFB」として認識しております。確認は、常時LEDランプが点灯していることです。ソフトを動かして初めて、Joystickの設定が可能となります。

Posted by ??? at 2017年05月25日 15:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

USBゲームポートアダプタの製作
Excerpt: JUGEMテーマ:電子工作 PCを更新したらサウンドカードも入れ替えることとなり、ゲームポートがなくなってしまった。 で、困ったのが、Microsoft SideWinder 3D Pro..
Weblog: tmiura.notice
Tracked: 2014-01-04 22:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。